1.商標とは

商品を購入するときに、その商品の中身を見なくても、その商品名からどんな商品なのか判断することができます。 こういった商品のネーミングやマーク、つまり文字、図形、記号、立体的形状、若しくはこれらを組み合わせたもの が「商標」です。 商号と呼ばれる会社やお店の名前なども商標となります。

商標が登録されると他の人は、その登録された商標と同じ(又は類似した商標)は使用することができません。 登録した人がその商標を独占して使えるようになります
逆に、新商品や新サービスのネーミングをするときは、他社の商標権を侵害しないように注意しなければなりません。すでに他社が登録している商標を勝手に使用してしまうと、差し止め請求を受けたり、場合によっては損害賠償請求を受けることもあります。

「登録されているなんて知らなかった」で済まされる問題ではありません
安易に他社の登録した商標を使用してしまうと大きな問題に発展してしまうこともあります。