4.ドメインと商標


ドメインとは、ウェブブラウザのアドレスの欄に書かれている、「http:// ~ 」といったもののことで、 インターネット上の住所のようなものを表示しています。

白石さんが「www.○×▲」というドメインを保持していても、その「○×▲.com」を他人に商標登録されますと、少々面倒なことになります。

白石さんのドメインとしての使用は続けられるとしても、商標登録された物やサービスについて、ホームページに「○×▲.comへようこそ」という案内を大々的に出すことや、自分の商品に、「○×▲.com」というシールを貼ることなどの、商標としての使用ができなくなるかもしれません

また、他人が、「○×▲」という商標を保持していても、「www.○×▲」というドメインを他人に取得されると、「www.○×▲」というドメインを使用することはできなくなります。

しかし、取得した他人が、高く売るために取得した場合などには、不正競争防止法によりそのドメインの使用を中止するように求めることができます
また、日本知的財産仲裁センターに申し立てることで、ドメインを取り戻すことができる可能性があります。

そのため、インターネットビジネスを始める時は、ドメインと商標の両方を取得することが望ましいです


 「○×▲」という商標、ドメインについて

他 人 自 分
商標を
所有
ドメイン名を
所有
・ ドメイン名としての使用が可能
・ ホームページへの表示は制限
・ 商品への表示は制限
ドメイン名を
所有
商標を
所有
・ 「www.○×▲」でホームページを作れない
・ ドメイン名を取り返すことは可能