7-1 FAQ


登録に必要な費用は?

下記の 出願時費用 と 登録時費用 の合計を頂戴します。
印紙代とは特許庁に支払う費用のことで、どなたが出願しても必要となります。

出願時費用
区分数手数料(税抜)印紙代
(出願料)
20,000円12,000円
30,000円20,600円
40,000円29,200円
登録時費用
区分数手数料(税抜)印紙代
(登録料10年分)
50,000円28,200円
60,000円56,400円
70,000円84,600円

最新の情報は特許庁HPで

法律や制度は随時改正されています。最新の情報につきましては、 特許庁HP にてご確認ください。

登録に必要な時間は?

出願から登録まで、特許庁の審査に 半年から1年程度が必要であることが多いようです。
商標の出願は年間10万件以上が出願されており、 特許庁はその全件を審査しているため、 どうしても時間がかかってしまいます。
なお、登録後でなければ使用ができないということはなく、 商標登録前でも出願人はその商標を使用できます

できるだけ早く、商標登録を受けるには?

通常は、商標を出願すると、審査の結果が通知されるまで、 出願から半年から1年程度かかります。 しかし、この期間を短くすることができる制度が有ります。 それが、商標の早期審査制度です。

早期審査を受けるためには、以下の(1)か(2)の類型のどちらかに該当する必要が有ります。以下の(1)にも(2)にも該当しない場合は、今の日本の制度では、審査を早めることはできません。

(1) 出願人らが、出願商標を指定商品・指定役務に使用しているなどで、かつ 権利化について緊急性を要する出願

権利化について緊急性を要する出願

次のいずれかに該当するものをいいます。
a) 第三者が許諾なく、出願商標又は出願商標に類似する商標を出願人、若しくはライセンシーの使用、若しくは使用の準備に係る指定商品、若しくは指定役務、又はこれらに類似する商品、若しくは役務について使用している又は使用の準備を、相当程度進めていることが明らかな場合
b) 出願商標の使用について、第三者から警告を受けている場合
c) 出願商標について、第三者から使用許諾を求められている場合
d) 出願商標について、出願人が日本国特許庁以外の特許庁又は政府間機関へも出願している場合

(2) 出願人らが、出願商標を既に使用している商品・役務などのみを指定している出願

多くの場合は、(2)の場合が考えられます。つまり、出願人様などが使用している商品について、証拠などで立証できる商品などについて、商標の早期審査の適用を受ける場合です。

例1

Aさんは、靴を修理する専門家です。
そこで、第37類「靴の修理」を指定して、商標出願をしています。 この場合、Aさんは、チラシや広告などを提出して早期審査の申請をすると、指定商品を補正することなく、早期審査の適用が受けられます。

2

Bさんは、ラーメン屋さんです。
そこで、Bさんは、第43類「飲食物の提供」を指定して、商標出願しています。 この場合、Bさんは、指定商品を第43類「ラーメンの提供」に補正して、お店の写真や広告などを提出して、早期審査の申請をすると、早期審査の適用が受けられます。
※「飲食物の提供」は、ラーメン以外にも、うどん、イタリア料理、カレーなど、他の料理をお店で提供するサービスも含んでいます。よって、「飲食物の提供」のままですと、実際に営業されているラーメン屋さんに対して広すぎるため、補正なしでは、早期審査の適用が認められません。